スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼児を蹴って殺した男が懲役9年

幼児を母親である内縁の妻と一緒に虐待殺人した男に、懲役9年の判決が出た。

幼児虐待死で24歳男に懲役9年 : 神奈川 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 川崎市多摩区のアパートで昨年11月、市川愛芽(めい)ちゃん(当時3歳)が虐待され死亡した事件で、傷害致死罪に問われた住所不定、無職植松祐大被告(24)の判決が14日、横浜地裁であった。川口政明裁判長は「身勝手な理由で激しい暴行を加え、刑事責任は重い」として、懲役9年(求刑・懲役10年)の実刑判決を言い渡した。

 川口裁判長は判決理由で、植松被告が、愛芽ちゃんの母で内縁の妻だった飲食店員市川美穂被告(21)(同罪で公判中)と共謀して暴行したと認定。「わずか3歳の女児に対し、昼夜を問わず、2人で多数回にわたって、代わる代わる腹を拳で殴るなど、残虐というほかない」と指弾した。

 さらに、水を入れたペットボトルを粘着テープで両手首に固定したまま頭の上に掲げさせたり、上半身をひもで縛り、ひもをカーテンレールにくくりつけて長時間、立ち続けさせたりした虐待を、2人が愛芽ちゃんに行ったと認定。「虐待は日常的で極めて悪質。(愛芽ちゃんは)逃げ場もなく、苦痛の中で息絶え、哀れだ」と述べた。


内容が悪質すぎる。
しかも、幼児の実の母親も殺人に加担している…

さて。
この虫唾が走る件だが、母親のほうもとうぜん判決待ちの状態で、

 愛芽ちゃんの母、市川被告の判決は15日。

ということなのだが、先の男のほうは報じたのに、母親のほうは報じないメディアがいくつか存在した。

3歳長女虐待死で懲役9年 無職母に判決、横浜地裁 - MSN産経ニュース

結局こちらも求刑10年、懲役9年だったようだが…

スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメント

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

毒々鈍器

Author:毒々鈍器
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QRコード
FC2カウンター
コビトニュースver.2
検索フォーム
Amazonお得商品検索

割引率:%~%
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。